投稿者「福岡ビルメンテナンス協会」のアーカイブ

令和2年度第3回福岡PPPプラットフォームセミナーについて《オンライン開催》(福岡市主催)

本年度第3回目となります「福岡PPPプラットフォームセミナー」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、オンラインツール「ZOOM」を利用したリアルタイム配信形式で下記のとおり開催されます。

【セミナー】
・日   時  令和3年2月19日(金)13:00~14:40
・内   容 <プログラム案>
●報告 「Park-PFIから広がるPPPのまちづくり」

・開催方法  オンラインツール「ZOOM」により開催
・参加資格  福岡市内に本店を置く公共建築物の整備・運営等に関連する企業
・申込締切  2月12日(金)17時必着

*セミナーの案内および申込書はこちら⇒

都市ビル環境の日 第13回子ども絵画コンクール


【優秀賞】
早田 瑠衣 さん
糸島市立
深江小 5年生
「出勤、おそうじ隊!」

【優秀賞】

ハン フィゾウ さん
糸島市立
深江小 6年生
「宇宙ロボットの大そうじ」

優秀賞】
むろい はな さん
飯塚市立
片島小 2年生
「未来のおそうじ」

【優秀賞】
遠藤 桜介 さん
志免町立
志免西小 2年生
「クワガタの大そうじ」

【優秀賞】
井上 満喜 さん
国立福岡教育大学付属
福岡小 4年生
「海のそうじ機」

新型コロナウイルス感染症に関する知事からのメッセージ(令和3年1月)

昨今、新型コロナウイルス感染症について全国的な新規感染者数の増加傾向が強まる中、1都3県を対象区域とした緊急事態宣言が発表されました。本県でも1月に入り過去最多の新規感染者数を記録するなど、強い警戒感をもって、今後の動向を注視する必要があります。
以上のことから、国の「緊急事態宣言」及び「基本的対処方針」の内容を踏まえ、県民の皆様に対し、協力を要請することを決定しました。今回、これらを多言語に翻訳したものを掲載いたします。

*知事からのメッセージはこちら⇒

*翻訳文(英語、中国語、韓国語、ベトナム語、タイ語、ネパール語、やさしい日本語)は
こちら⇒

新型コロナウイルス感染症の発生により申告・納付が困難な場合における国税の取扱いについて

 

令和2年4月20日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、国税庁では、感染症及びその蔓延防止のための措置の影響により厳しい状況に置かれている納税者への対応として、「現行法令に基づく期限の延長や納付の猶予等も含め、納税緩和措置等が早期に活用されるよう、引き続き、国民からの問い合わせや相談を待つだけでなく周知広報を積極的に行う」とされたところです。
これに関連して、国税の取扱いに関するパンフレットの周知依頼がありましたので、お知らせ申し上げます。

*会員宛て通知はこちら⇒

<パンフレット一覧>
・別添1はこちら⇒
・別添2はこちら⇒
・別添3はこちら⇒
・別添4はこちら⇒
・別添5はこちら⇒
・別添6はこちら⇒

 

新型コロナウイルス感染症に係る雇用維持等に対する配慮に関する要請について

 

厚生労働大臣・総務大臣・法務大臣・文部科学大臣より、新型コロナウイルス感染症の影響により経済全般にわたって甚大な影響をもたらしていることを鑑み、特に事業継続や雇用維持のため、実質無利子・無担保の資金繰り支援策の民間金融機関への拡大、雇用調整助成金の特定措置のさらなる拡充を図っていること、並びにこれらの施策を活用し、有期契約労働者、パートタイム労働者などの方々等の雇用維持を図るよう要請がありました。

添付要請文書及び参考資料をご参照くださいますようお願い申し上げます。

*会員宛て通知はこちら⇒
*協力要請の概要はこちら⇒
*(参考資料1)経済産業省コロナ対策パンフレットはこちら⇒
*(参考資料2)雇用調整助成金の特例拡充についてはこちら⇒
*(参考資料3)採用内定取り消しの防止についてはこちら⇒
*(参考資料4)やさしい日本語版ルビ入り労働者向けリーフレットはこちら⇒
*(参考資料5)働き方改革推進支援助成金リーフレットはこちら⇒
*(参考資料6)妊娠中の女性労働者などへの配慮についてはこちら⇒
*(参考資料7)小学校休業等対応助成金についてはこちら⇒

 

新型コロナウイルスに関する消毒・清掃方法について【全協】

 

標記について、厚生労働省および日本環境感染学会などの公的機関や学術機関がそれぞれの注意事項を発信し、啓発しております。
そこで、全国協会としてビルメンテナンスに関係する部分を抜粋し、まとめましたのでご参考にしてください。
なお、今後は具体的な作業方法などを順次、追記していく予定ですのでご参考いただきたくお願い申し上げます。

*会員宛て通知はこちら⇒

*新型コロナウイルスに関する消毒・清掃方法についてver.1はこちら⇒

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う在留諸申請の取り扱いについて

 

標記につきまして、法務省より情報が出されておりますので、お知らせいたします。

①本国への帰国が困難な方
→「短期滞在(30日・就労不可)」又は「特定活動(30日・就労可)」への在留資格変更が可能です
②技能検定等の受験ができないために次段階の技能実習へ移行できない方
→受検・移行ができるようになるまでの間、「特定活動(4か月・就労可)」への在留資格変更が可能です
③「特定技能1号」への移行のための準備がまだ整っていない方
→移行準備の間、「特定活動(4か月・就労可)」への在留資格変更が可能です
④「技能実習3号」への移行を希望される方
→優良な監理団体及び実習実施者の下であれば「技能実習3号」への在留資格変更が可能です

<添付資料>
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた技能実習生の在留諸申請の取り扱いについて(出入国在留管理庁)
・(Q&A)技能実習生に係る新型コロナウイルス感染症への対応について(法務省)

*会員の方へのお知らせ(全協)はこちら→

*新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた技能実習生の在留諸申請の取り扱いについてはこちら→

*(Q&A)技能実習生に係る新型コロナウイルス感染症への対応についてはこちら→

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う消毒用エタノール詰め替えの取扱いについて(厚生労働省からの通知)

イベントまたは施設来場者の感染予防のために購入した消毒用エタノールの詰め替えに際しての取扱いについて、厚生労働省から別紙のとおり通知されていますのでお知らせいたします。

*会員の方へのお知らせ(全協)はこちら→

*厚生労働省からの通知はこちら→