カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

「STOP!転倒災害 セーフティチェック」による転倒災害の防止【福岡労働局】

転倒災害は、依然として、死傷災害の中で最も件数が多く、今年は4月末時点で、約6割も増加している状況となっています。
また、転倒災害を2017年と比して2022年までに7%以上目標とした第13次労働災害防止計画が本年度からスタートしており、目標達成に向け、更なる取組が必要となっています。
このような状況を踏まえ、転倒災害防止には安全点検によるチェック項目の実施が有効であるということから、「STOP!転倒災害 セーフティチェック」をキャッチフレーズとして、6月(安全週間準備期間)から翌年2月(積雪や凍結による転倒災害の多発時期)までの毎月1日から7日を転倒災害防止のための点検項目を点検する重点取組期間と定め、転倒災害の防止に向けた取組を推進します。

*リーフレットはこちら⇒

PCB廃棄物の早期適正処理推進にかかる協力依頼について【福岡県】

■高濃度PCB廃棄物の処分期間の終了が迫っています!

→変圧器やコンデンサーなどには、人体に有害であることが判明しているポリ塩化ビフェニル、通称PCBを用いたものがあり、福岡県内でこれらのPCB廃棄物をお持ちの事業者は下記の期間内に処分委託を行わなければなりません。使用中の変圧器・コンデンサー及び安定器等についても、処分期間内に使用を終え、処分する必要があります。

★★高濃度PCBを含む変圧器・コンデンサー等 →→→ 平成30年3月31日まで★★

★★高濃度PCBを含む安定器・汚染物等 →→→→→→ 平成33年3月31日まで★★

※低濃度PCB廃棄物の処分期間は平成39年3月31日までです。

電気機器の保守点検を行う電気主任技術者等と御相談の上、工場や事務所などにPCBを含む機器がないか、御確認をお願います。

  • 処分委託先:中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)
    北九州PCB処理事業所(093-522-8588)

中小企業が高濃度PCB廃棄物を処分する場合は処分費用の軽減措置があります。詳しくはJESCO中小軽減担当(0120-808-534)にお問い合わせください。

  • 処分期間を過ぎると行政処分の対象となります!
  • 詳しくはこちら↓↓↓
    http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/pcb.html

*チラシはこちら→

無期転換ルール導入に係る促進キャンペーン周知協力依頼について

「無期転換ルール」は、平成25年4月施行の改正労働契約法第18条で規定され、有期労働契約が更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込により、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換できる、というものです。
平成30年4月から始まり、契約社員やパートタイマー、アルバイト、派遣社員などの名称は問わず、契約期間に定めがある「有期労働契約」が同一の会社で通算5年を超えるすべての方が対象です。
無期転換ルールへの対応は、中長期的な人事管理もふまえ、無期転換の役割や労働条件などを検討し、社内規定を整備するなど、一定の時間を要します。円滑な導入を目指して、平成29年9月、10月は「無期転換ルール取組促進キャンペーン」期間となっています。
つきましては、各社においての導入整備および労働者への周知方よろしくお願いいたします。

詳細は無期転換ルールポータルサイト(http://muki.mhlw.go.jp/)を参照下さい。

 

平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省エネ形大型浄化槽システム導入推進事業)の活用について

全国浄化槽団体連合会では、環境省事業「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省エネ型大型浄化槽システム導入推進事業)」を行っております。
本事業は、温室効果ガスの排出量削減を推進することを目的に、既設の大型合併処理浄化槽(101人槽以上)について、省CO2型の高度化設備(高効率ブロワ、インバーター制御装置等)を導入・改修する場合、費用の2分の1が補助されるものです。
特に、下水道がなく古い大型の浄化槽が使用されている施設での積極的な活用が呼びかけられています。

ESCO・エネルギーマネジメントセミナー(福岡)のお知らせ

(一社)ESCO・エネルギーマネジメント推進協議会、日刊工業新聞社の主催により、福岡市で下記のセミナーが開催されます。

●セミナー名    2018年スマートな省エネを実現する「ESCO・エネルギーマネジメントセミナー」

●開催日時・会場
2018年12月12日(水)13:00~16:40(12:30開場)
TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前 4FホールA
(福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目2番1号 ザイマックス博多駅前ビル)

●参加費   無料(事前登録制)

●主 催
一般社団法人ESCO・エネルギーマネジメント推進協議会、日刊工業新聞社

●セミナー概要
省エネ・地球温暖化対策への取り組みは、企業の社会的責任とともに、コスト削減の面でも避けては通れない継続的な経営テーマです。
企業において、エネルギーデータの分析~省エネ施策計画~実行~検証といったエネルギーマネジメントサイクルを実行することは、省エネ・地球温暖化対策を推進する上で大変重要であり、政府もエネルギー政策を実施していく上で普及拡大を促しています。しかしながら、「エネルギーデータの収集分析方法がわからない」「省エネ効果がわかりづらい」「資金の余裕がない」「社内に省エネ推進する人材が不足している」という省エネに関して悩みを抱えている企業も多いようです。
本セミナーでは、効果的な省エネの着眼点の紹介や、お客様とともに継続的に省エネを実現するESCO・エネルギーマネジメント事業の活用方法など、具体的な事例を交え紹介します。

●詳細・お申込みはこちらから
https://biz.nikkan.co.jp/j-forum/esco2018/

平成30年度第2回福岡PPPプラットフォームセミナーについて(福岡市主催)

本年度第2回目となります「福岡PPPプラットフォームセミナー」が下記のとおり開催されます。

【全体セミナー】《事業概要について所管課より説明する座学形式のセミナー》
・日   時  平成30年11月28日(水)11:00~11:50(10:30~受付開始)
・会   場  TKPガーデンシティ天神 S-1会議室 (福岡市中央区天神2-14-8
福岡天神センタービル8階)
・内   容 <プログラム案>
●報告1  「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業について」
・定   員   先着100名 *1社あたり2名以内
・参加資格   福岡市内に本店を置く公共建築物の整備・運営等に関連する企業
・申込締切   11月21日(水)17時必着

【官民対話】《実施方針等策定に向けた市場調査の一環として実施する民間事業者との意見交換》
・テ  ー  マ 「福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業」
・日  時  平成30年11月29日(木) *時間帯については申込者に個別に連絡
・会  場  天神ビル11階 3号会議室
・定  員  15社(予定)*1社あたり5名以内
・参加資格  福岡市内に本店を置き福岡市拠点文化施設整備及び須崎公園再整備事業への参画を検討している企業
・申込締切  11月15日(木)17時必着

*セミナーの案内および申込書はこちら⇒

第24回『都市ビル環境の日』行事のお知らせ

私どもの仕事が都市との強い結び付きのあることを考え、住みよい街づくりに貢献していくことを目標として、10月4日(とし=都市)を「都市ビル環境の日」と定め、環境問題に関する各種行事を行うことにより、日頃、ビルメンテナンス業務を遂行する中で、住みよい街創りに貢献していることを、広く県民の皆様に知って頂く機会としています。

Ⅰ.クリーンアップ福岡の展開
・日時  平成30年10月4日(木) 9:30~11:00
・場所  福岡県下主要都市中心部及び会員受託物件の周辺
*福岡市内においては、大博通り沿線を実施予定
・行事  公共施設の清掃及びごみ収集 (約3,000人が参加予定)

Ⅱ.シンポジウムの開催
・日時  平成30年10月4日(木) 14:00~16:30
・会場  ホテルオークラ福岡 4階 (福岡県福岡市博多区下川端町3-2)
・テーマ 建築物環境衛生サービスの新潮流 ~いま何が求められているか!~
・内容
①第11回子ども絵画コンクール入選作品発表
②基調講演
演題 「ビルオーナーはいま何を求めているのか?!」
株式会社昌平不動産総合研究所 取締役 清宮 仁

Ⅲ.第11回子ども絵画コンクールおよび作品展の開催
〔福岡地区〕展示期間:平成30年10月3日(水)~10月8日(月)
展示場所:福岡市総合図書館1階(福岡市早良区百道浜3-7-1)
〔北九州地区〕展示期間:平成30年10月17日(水)~10月21日(日)
展示場所:北九州市水環境館 展示コーナー(北九州市小倉北区船場町1-2)
〔久留米地区〕展示期間:平成30年10月10日(火)~10月14日(日)
展示場所:久留米市一番街多目的ギャラリー(久留米市東町26-8)

*2018年(第24回)『都市ビル環境の日』パンフレットはこちら⇒

平成30年度九州ビル経営セミナー(主催:九州ビルヂング協会)開催のご案内

≪九州ビルヂング協会の主催による平成30年度九州ビル経営セミナーの開催≫

九州ビルヂング協会の平成30年度前期研修セミナーが日本ビルヂング経営センターとの共催で、以下のとおり開催されますのでご案内致します。

1.日時    平成30年8月24日(金) 15:00~17:00

2.会場    電気ビル共創館 3階 Aカンファレンス 〔福岡市中央区渡辺通2-1-82   電話:0120-222-084〕

3.テーマ   「民法改正によるビル賃貸借への影響」

講師:赤坂シティ法律事務所
弁護士 町田裕紀 氏

4.定員    120名(先着順)

5.参加費   無料

*案内のチラシおよび申込書はこちら⇒

『都市ビル環境の日』第11回子ども絵画コンクールのお知らせ

公益社団法人福岡県ビルメンテナンス協会では、1995年より毎年10月4日を『都市ビル環境の日』と定め、様々な環境問題改善や都市の美化活動に積極的に取り組んでおります。当協会では、これらの活動をもっと多くの方々に理解して頂きたく、今回、第11回目の「子ども絵画コンクール」を企画致しました。このコンクールが次の世代を担う子どもたちの心に「環境」や「もの」を大切にする気持ちが育まれる契機となることを願っています。

・応募資格:福岡県内の小学生  ・応募期間:平成30年8月1日(水)~9月10日(月)

・応募要領および応募用紙はこちら→

「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」のお知らせ【福岡労働局】

職場における熱中症で亡くなる人は、毎年全国で10人以上にのぼり、4日以上仕事を休む人は、400人を超えています。厚生労働省では、労働災害防止団体などと連携して、「STOP!熱中症クールキャンペーン」を展開し、職場での熱中症予防のための重点的な取組を進めています。各事業所でも、事業者、労働者の皆さまご協力のもと、熱中症予防に取組みましょう!

*チラシはこちら⇒

「プラスITフェア2018」の開催と「IT導入補助金事業」のご案内【経済産業省】

経済産業省が後援する「プラスITフェア2018」の開催と「IT導入補助金事業」に関する案内が届きましたのでお知らせいたします。

*「プラスITフェア2018」のチラシはこちら⇒

*「IT導入補助金事業」のチラシはこちら⇒

「平成30年度 職場におけるメンタルヘルス対策セミナー」のご案内【福岡労働局】

近年、職場生活等において強い不安やストレスを感じる労働者が増加し、業務による心理的負荷等を原因とした精神障害に係る労災請求事案が増加する中、労働者のメンタルヘルス対策の重要性が一層高まっています。
こうしたことから、平成27年12月1日より労働安全衛生法によるストレスチェック制度の実施が一定の事業者に義務付けられたところであり、その実施の徹底はもとより、今後は、ストレスチェック結果の集団分析への有効活用や職場環境の改善につなげていくといった対応が課題となっています。
また、ストレスチェック実施が努力義務となっている規模50人未満の事業場にあっては、メンタルヘルス対策への取組みが十分でないといった実態も認められることから、これらの事業場に対する周知や指導啓発も重要となっています。
このような状況を踏まえ、福岡労働局では、今般、下記のとおりセミナーを開催することになりましたので、ご案内申し上げます。

1.日時及び会場
(1)日時:平成30年7月4日(水)13:30~16:30  会場:イイヅカコミュ二ティセンター(飯塚市)
(2)日時:平成30年7月12日(木)13:30~16:30   会場:早良市民センター ホール(福岡市)
(3)日時:平成30年7月18日(水)13:30~16:30  会場:久留米シティプラザ 大会議室(久留米市)
(4)日時:平成30年7月25日(水)13:30~16:30  会場:ウェルとばた 中ホール(北九州市)

2.講演
(1)演題 「ストレスチェックから活き活き職場づくり」~集団分析を通じた職場改善への活用~
(2)演題 「中小企業における健康経営事例紹介」~取り組んでよかった「健康宣言」~
(3)演題 「職場におけるメンタルヘルス」~こころのサインに気づく方法~

*チラシおよび申込書はこちら⇒

障がい者雇用基本セミナーのご案内【福岡県】

新たに障がい者雇用を検討中の担当者様向けのセミナーが福岡会場と北九州会場で開催されます。
参加人数は各会場ともに40名程度です。なお、参加料は無料です。
【福岡会場】
・日時   平成30年6月27日(水)10:00~17:00
・会場   福岡ビル9階 5ホール (福岡市中央区天神1丁目11番17号)
・内容   セミナー「障がい者雇用の基本ステップ」

【北九州会場】
・日時   平成30年6月28日(木)10:00~17:00
・会場   北九州国際会議場  11会議室 (北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号)
・内容   セミナー「障がい者雇用の基本ステップ」

*チラシおよび申込書はこちら⇒